生活習慣の見直し!抜け毛予防に効果のある食事とスカルプシャンプー

最新の免疫療法でがん治療だけではなく脳梗塞と動脈硬化もアプローチ

若年性脱毛症の進行を防ぐ~生活改善のススメ~

若年性脱毛症のケアでは生活習慣の改善が重要となるため、食事や睡眠習慣を意識的に変えましょう。ここでは、抜け毛を減らしてAGAリスクを軽減する生活習慣について考えていきます。

生活習慣の改善方法とは

食事
暴飲暴食や油っぽい食事は抜け毛リスクを高めるので、栄養バランスがとれた食事を意識しましょう。そのうえで、男性ホルモンを抑制する働きが期待される大豆食品を取り入れるのが効果的です。豆腐や味噌、豆乳などを日々の食事にプラスして、AGAの進行を防ぎます。ビタミンやミネラルなども髪の健康維持に重要な働きをするため、積極的に取り入れてください。
睡眠
髪の成長をサポートする成長ホルモンは22時から2時にたくさん出ると言われているため、この時間帯を意識して睡眠を取りましょう。丁寧なシャンプーケアをした後はなるべく早めにベッドに入り、熟睡する習慣をつけましょう。寝る前に重い食事をしたりスマホやパソコンを触ったりするのも、眠りの質を低下させるので控えましょう。日中よく身体を動かすことで夜の眠りが深くなるので、適度な運動も重要です。
アルコールの摂取
ストレスは抜け毛リスクを高めるため、飲み会で息抜きをすることも大切ですが、お酒の飲み過ぎで肝臓に負担がかかると薄毛の原因になりかねません。アルコールは適度にとどめて、身体の負担に考慮しましょう。塩辛いものや脂質が多いおつまみなども、抜け毛リスクにつながります。宴会の時はメニュー選びを工夫して、薄毛治療の妨げにならないように意識しましょう。

薄毛治療で徹底して欲しいこと

大阪の育毛クリニックに通って若年性脱毛症の治療を進めている場合には、薬の飲み忘れや飲み方に気を付けましょう。薄毛治療薬の中には決まった時間に飲むことが重要なものもあり、生活リズムにあわせた服用を意識することが大切です。寝る前に飲むと忘れにくい、朝ご飯の後に飲む、など自分なりのルールを決めて毎日決まった時間に飲んでください。AGA治療薬は高額になることもあり、薬を半分に割って飲んだり数日置きに飲んだりと自分でコントロールしてしまう方がいますが、ケア効果が薄れる原因となります。せっかく育毛クリニックにかかってお薬代を払っているのに、思うようなケア効果を感じないのはもったいないです。医師のアドバイス通りに服薬ケアを進め、薄毛の早期改善を目指しましょう。

抜け毛に関するウワサの真相

シャンプー

育毛クリニックで薄毛治療やAGAカウンセリングを受けるほど深刻な状況ではないにしても、抜け毛が増えると心配です。シャンプー習慣やおでこの広さなど、薄毛にまつわる噂の真偽を見てみましょう。

「抜け毛」に関するウワサの真相

おでこが広い人はハゲやすい?
抜け毛が増えるに連れておでこの広さが目立つことはあっても、生まれつき額が広いほど薄毛リスクが高まるということはありません。もともと額が広いからといって抜け毛を心配する必要はないのですが、あるタイミングから広さが目立ち始めた場合には薄毛リスクを自覚しましょう。サイドからだんだん薄くなってきている場合にはM字型に抜け毛が進むリスクがあり、額の真ん中から後退している場合にはU字型の薄毛に進行するリスクがあります。
長髪の方がハゲやすい?
髪が長いと通気性が悪くなって、頭皮環境が悪化しやすい傾向があります。適切なケアをしないと抜け毛リスクが高くなり、薄毛が進行していく危険があります。帰宅後に念入りなシャンプーケアを意識して、頭皮を清潔に保ちましょう。抜け毛が増えたタイミングで髪を短くカットして、ケアしやすくするのも一案です。頭皮がかゆい、フケが増えたなども頭皮環境悪化のサインとなるので、薄毛リスクを意識して丁寧なケアを進めてください。
シャンプーのやりすぎは危険?
シャンプーを頻繁にしすぎると、頭皮の乾燥ダメージから抜け毛が増えるリスクがあります。健康な髪を維持するためには適度な皮脂が重要で、乾燥がひどくなると薄毛が進んでしまいます。洗浄力の強いシャンプーを使っているとよりダメージが深刻になるため、髪に優しいケアアイテムへ変えてください。清涼感を出すためにメンソールの香りをつけているトニック系のケアアイテムは、刺激が強い傾向があります。頭皮環境を考慮しながら使用頻度を調整して、抜け毛を防ぐと良いでしょう。
帽子やヘルメットをかぶり続けると危険?
帽子やヘルメットをずっとかぶっていると頭部が蒸れてしまって不衛生になるリスクがあり、抜け毛を悪化させることがあります。一日帽子をかぶっていて汗をかいた日にはシャンプーケアを徹底して、薄毛リスクを防ぎましょう。バイクに乗って通勤している方やツーリングが趣味という男性は、バイクから降りたときにヘルメットをとるといった工夫ができます。お洒落目的のニット帽やつば広ハットなども室内に入ったら極力脱いで、通気性を良くしましょう。

薄毛に似合う髪型とは

AGAになるとお洒落の選択肢が狭まるようにも感じますが、コンプレックスをヘアスタイルでカバーすることができます。薄毛治療中の髪型の工夫、ヘアスタイル選びのポイントを見ていきましょう。

薄毛に似合う髪型のヒント

自然なスタイルがおすすめ
抜け毛がひどくなると薄い部分をカバーしたくなりますが、かえって目立ってしまうことがあります。全体のバランスを見ながら自然にスタイリングしていくと、薄毛部分が目立ちません。ツーブロックにしたりオールバックにしたりして、薄い部分を思い切って出すのもお洒落な雰囲気にまとまるでしょう。
短髪が吉
薄毛が目立ちはじめたら全体を短く切りそろえるのが基本で、バランスよく見せるためのポイントです。清潔感が出て小顔に見える髪型なので、女子受けも良くなるでしょう。全体的な長さは短くして毛先だけワックスで遊ばせたりジェルでソフトに固めたり、ちょっとしたアレンジを楽しむ遊び心も重要です。
バランスが大切
サイドとトップのバランスも、薄毛をカバーするヘアスタイルのポイントです。サイドを刈り上げてトップの毛を立たせたり上だけ長めに残して自然に後ろに流したりして、バランスを整えていきます。全体をベリーショートでまとめてセンターだけツンツンと遊ばせるのも、少年風でお洒落です。

TOPボタン